WEB DESIGN (B)LOG

ノンプログラマーなWebデザイナーによるWordpress、HTML5、スマートフォンサイト制作関連などWebサイト制作に関するブログ

WordPressをマルチサイト化する際に特に引っかかったこと

:WordPress

WordPress 3.0「セロニアス」が2010年6月22日にリリースされ、
待望のWordPress MU の統合ということになり1年以上が経ちました。

最近やっとマルチサイト機能を使ったサイトをしっかり構築したので、
引っかかった点や次回の制作の際覚えておきたいことを書いておこうと思います。

WordPressのアドレス (URL)とブログのアドレス (URL)同じにしておかないと、ネットワークは生成できない

最初WordPressを専用ディレクトリに配置していたのでやり直しました…。


親サイトのパーマリンクに「blog」が自動で入っている


マルチサイトを構築してパーマリンクの設定を見ると、
最初から「blog」が入っているので要らない場合設定画面から消す必要があります。
いちいち消すのが面倒…これはやめてほしいです。

WordPressのマルチサイトで、親サイトのパーマリンクに自動的に入っている「blog」を消す方法


親テーマと同じfunction.phpを子テーマに入れるとバグって真っ白になる


子テーマのfunctions.phpが親テーマのfunctions.phpの前に呼び出されるらしく、
子ブログを開くと真っ白になってしまいます。
私の場合は、子テーマのfunction.phpにその子テーマでだけ適用する記述を書き、
共通のものは親テーマのfunction.phpに書くという形にしました。
【WordPress】子テーマを作成してみる


構築後のドメイン変更が大変(なので基本的にやらない前提で構築する)


公開前にテスト用ドメインやIPアドレスで設定して、
公開時にURLを変更するようなことがあります。
ですがマルチサイトで構築する場合、
単純に設定を変更するだけでは正常に動作しないので、
データベースのテーブルを直接書き換える必要があります。
サーバーやデータベースの知識がないのであれば、
基本的に構築後のURLの変更はできない
と思っていた方が良いと思います。
wordpressで管理しているサイトのドメイン移行


テーマ・プラグインの設定


テーマ・プラグインの編集はネットワーク管理から、
有効化は各ダッシュボードで行います。
プラグインはネッワーク管理から有効化すると全てのサイトに、
全体に有効化していなければ子サイト別に有効化できます。

普通にWordpressのサイトを作っている要領でマルチサイトで構築していて、
特に引っかかったのは上記のようなところです。
まだまだ情報が少ない部分があったり、
プラグインがうまく動作しなかったりちょこちょこ困ることはありますが、
他はそんなに時間をかけずに対処できたように思います。

今まで3.0で一つ、3.2で一つのマルチサイトを制作しましたが、
3.0からすでに改善されている点も多いので、
今後もどんどん使いやすくなっていくのだろうと思うので楽しみです。


【送料無料】WordPressレッスンブック

【送料無料】WordPressレッスンブック
価格:2,940円(税込、送料別)

pagetop